継続的な正しいケアを|安心のレーザー治療|消せなかったタトゥーを取り除く

安心のレーザー治療|消せなかったタトゥーを取り除く

婦人

継続的な正しいケアを

鏡を見る婦人

年齢とともに気になる症状

年齢を重ねるほど気になってくるのが「しわ」ですよね。しわと言ってもその種類は様々あり、それぞれのしわによって効果的なスキンケアは異なってきます。それぞれのしわの特徴を理解して、それに適した対策を行っていきましょう。まず、目や口の周りにできる小じわです。これは、乾燥によってできてしまうもので、20代の若い世代でも多くみられます。対策は、原因が乾燥肌なので、保湿をしっかりすれば改善されます。次に、ちりめんじわです。顔の部位に関わらずできる縮れたようなしわで、これはダイエットによる急な体重減少や、高熱時の脱水症状などの体内の異状によってできやすくなっています。その原因を取り除くことで改善されますが、保湿パックやたんぱく質とビタミンを積極的を摂取することでより効果があります。さらに感情表現によってできる表情じわがあります。顔には40数個の表情筋があり、その収縮や弛緩によって表情がつくられています。この表情筋の収縮によってできるのが表情じわなので、感情表現が豊かな人ほどできやすいしわと言えるでしょう。対策としてしわの固定化を防ぐために、表情筋のエクササイズが効果的です。

最もケアが重要なもの

年齢とともに肌のキメ深くなってしまったものが大じわです。額や法令線、上まぶたのくぼみなどによくみられます。大じわは、肌にあるコラーゲン繊維やエラスチン繊維という繊維の減少や変質によって、表皮を支えられずにくぼんでしまっている状態です。この繊維の大敵が紫外線です。肌に紫外線を浴びると活性酸素が生まれ、体内のあらゆるものを破壊してしまいます。コラーゲン繊維やエラスチン繊維も同様に破壊されてしまうため、紫外線を浴びた部分に大じわができやすくなるのです。夏の日差しが強い季節だけでなく、一年を通して紫外線対策を行っていくことが重要です。また、顔のマッサージや日々のお手入れを行う際には、コラーゲン線維を壊さないようにやさしく丁寧に行うことも大切です。コラーゲン繊維やエラスチン繊維は皮膚の中の真皮と呼ばれる層にあります。真皮は4から5年周期で生まれ変わるため、できてしまった大じわはその周期の間なくなることはありません。ですから、長期的に正しいしわ予防を継続していく必要があります。